理念

現在、日本の大学スポーツのほとんどが
学生主体で運営されています。

現場に携わる学生にとっては、
たくさんのことを学べる素晴らしい環境である一方、
専門的な知識の不足やモチベーションを
維持することが難しい現状もあります。

しかし、その日本的な文化の伝承によって
昨今の大学スポーツを支えてきた歴史は
認識しておく必要があります。

一方で、スポーツ庁によって
日本版NCAA/UNIVASが発足し、
社会的に大学スポーツの注目度が一挙に高まり
改革ムードが漂っており、
大学スポーツ業界に追い風が吹いています。

そこで私たちは、
改めて主役である学生がフォーカスされる環境整備と、
チームが“発信力”という武器を持つサポートを展開し、
大学スポーツ業界全体の底上げを目指していきます。